利率(年利率)の相場について

利息となる金利は、ローン商品に対しては低金利で利息負担を抑えたいですが、預金なら高金利で利息を増やしたいところです。しかし相場を知っておかなくては、どのくらいを低金利と呼べるのか、どのくらいから高金利となるのかが分かりませんね。そこで、金融取り引きを行う前に金利の相場を確認してみましょう。

 
金利は年間の利率で割り出すことになってるため年利率で表されることが多くなっています。

 
年利の相場は、その時の景気による決定すため時代によって一様ではありません。一般的には好景気には高金利になり、不景気には低金利になるとされていますので、もしも金融取り引きをする時にはその時代から先を見据えた景気状況までを見る必要があるでしょう。また、もちろんローンの場合は借入額によって年利相場が異なるため、こちらも一概に言える数字はないのですが年利10%以下なら低金利と呼べるようです。ただ、その時の相場を知りたいのなら、各社が提示している年利を比較してみた方が一番手っ取り早い方法になります。

 
利息負担を抑えるも、預金利息を増やすも、どのくらいの年利で契約するかにかかっています。賢く運用し、損のない金融取り引きをしましょう。

Comments are closed.