利回り(年利回り)の計算方法とは

年利回りの計算方法というのは、一定期間で得られる利息が1年あたりでいくらになるか計算をして元本で割ったものになります。

 

利回りがいい金融商材は低金利時代において魅力的な金融商品といえます。具体的には元本100万円を5年間運用したと仮定して、5年後の受け取り額が120万円だった場合の利回りは年間4万円の利息ですから、これを元本で割ると4パーセントという数字になります。

 

現在の銀行の年利が1パーセントにはるかに届かない現状では、非常にいい金融商品ということがいえます。

 

これは増えると仮定して計算しているので、もし売却時の金額が96万円になってしまった場合は利回りは下がってしまいます。利回りのいい金融商品というのは、非常に成績のいい商品ということがいえるので運用実績をよく確認して購入することが大事になってきます。

 

また実際の利回り計算には税金や手数料などの諸費用も考えて計算していく必要があるので、儲けだけの単純な計算よりも悪くなるのが普通です。

 

外貨建の商品の場合は高い利回りのものを運用していることがほとんどですが、この場合も為替リスクがあるので非常に難しいです。

 

下落率が激しい場合は、途中で利益確定することも必要になってきます。

Comments are closed.