価格変動リスクとは

価格変動リスクとは、金利の変動によって資産の価値が変動する可能性のことです。

 

要するに値上がりや値下がりも含めて、どうなるかわからないということを意味します。

 

特に大きな影響を受けるのは債券です。

債券の金利は決まっているので大きな影響を受けやすいのです。

市場金利が上がると金利の高い金融商品に投資しようといった動きが出てきます。

金利が上がるということは、基本的に経済の状態が上向いていることを意味します。

経済が好調ですから、株価も上がってきますから株投資のほうがハイリターンを狙いやすい状態になります。

 

ですから投資信託などの場合は、組み込まれている内容によって変動リスクにされされてしまうことになるのです。

経済状況は指標で現在の状況や先の予想がたつので、しっかりと情報収集しておくことが損を大きくしないことにつながります。

 

バランスのいい投資はリスクの高いものと、変動リスクが少ないものを上手く組み合わせて投資を行っていくことです。

 

また投資をするタイミングも非常に重要です。金融商品を買うタイミングでないときに購入してしまうと、大損につながる可能性があります。

 

あとは余裕資金で運用することが最悪の場合ダメージが低くなります。

Comments are closed.